二次会景品を選ぶときは価格帯と種類に注意したい

結婚式や会社の二次会で景品が用意されることがある

結婚式や会社の二次会で景品が用意されることがある景品は相手のことを考えた大きさや金額を選ぶ景品の種類は参加する年齢や性別によっても変わる

結婚式や会社のパーティーでは、よく二次会が行われることがあります。
一般的に二次会は、一次会に比べてカジュアルなイメージがあったりゲーム等のイベントが実施されることも珍しくありません。
例えば、ビンゴ大会などを行なって上位成績者には景品が用意されるということもよくあります。
二次会景品には様々なものがあり、種類も価格帯も幅があるので用意するときは注意が必要です。
参加者全体に配りたいのであれば、どうしても費用を抑えなくてはいけなくなります。
ポイントとなるのは、どれだけの予算を使うことが可能かということです。
会費制なら、全体でどれくらいの収入があって景品にどれだけ使えるかということを事前に計算してください。

HP拝見致しました😌
どのお肉も綺麗でとっても美味しそう❤️❤️😋
今の時期、お歳暮にぴったりですね🙌😊💓
ギフト券もあるので、忘年会や結婚式の二次会景品でも喜ばれますね🌈☺️

贈られる側も贈る側も幸せになれるお肉ちゃん(*´ω`*)💕💕
是非頂きたいです☺️

今後のTwitter運営応援しています!!💖🤗

— 🌟🌷はなちゃん🌷🌟 (@ytPcsxwnsZmW5Vg) November 10, 2019
赤字になってしまうと、その後が大変なので十分に注意することが大切です。
費用がかかるといっても、参加者全員に立派な景品を配る必要はありません。
よくあるのは全体に手頃な記念品のようなものを配り、ゲーム等の上位者数名に豪華な品物を渡すという方法です。
もらう人によって値段が違うと不安に思う人もいるかもしれませんが、ゲームに勝てたらあの賞品がもらえるという参加者の気持ちでパーティー自体が盛り上がることもあります。
豪華な景品はパーティーのゲームを盛り上げるので良いですが、あまり大きなものだと当てた人が困ってしまうので注意Sが必要です。

二次会景品二次会景品は景品ショップ