二次会景品を選ぶときは価格帯と種類に注意したい

景品は相手のことを考えた大きさや金額を選ぶ

結婚式や会社の二次会で景品が用意されることがある景品は相手のことを考えた大きさや金額を選ぶ景品の種類は参加する年齢や性別によっても変わる

例えば、大型の家具や家電を景品にするときは当選者の自宅まで送り届けるといった配慮をします。
プレゼントするけど、自宅に送るのは自腹でとなってしまうと逆に相手に対して迷惑になり嫌がられるので注意してください。
気軽なのは、手持ちで持ち帰ることができる程度の大きさの二次会景品です。
パーティーの帰りの人でも、問題なく持ち帰ることが可能な大きさだとお互いに安心です。
二次会景品の種類は、参加者の年齢層や性別によっても喜ばれるものが変わってきます。
女性中心のパーティーなら、アクセサリーやカバンなどの小物も喜ばれます。
気をつけたいのは、男性が女性用のアクセサリーなどをもらって困らないようにするということです。
参加者全ての人に、恋人や妻がいるというわけではないので十分に注意してください。
また、アクセサリーやカバンを用意するときは参加者の年齢層にも気を使う必要があります。
参加する人たちの世代や性別で、持ってもおかしくないようなデザインを客観的に選んでおくと安心です。
とはいえ、パーティーでの景品なのであまり地味すぎるものは喜ばれません。
少し華やかなものの方が、景品として飾った時に見栄えも良くなります。
男女どちらも同じくらい参加者がいるときは、ポータブルのゲーム機なども人気の高い二次会景品です。